ランニングでケガをしないために!おすすめケア用品を使いこなしてケガ予防

スポーツ

ランニングをしているみなさん、しっかりとケアをしていますか?

ランニングに限らず多くのスポーツマンにとって、使った部位をケアすることは大切なことです。

僕も昔はケアをないがしろにしていたために多くのケガをする選手でした。

しかし今は練習後のケアにも注力し、月間700kmを超える距離をケガなく走ることができるようになりました。

今回は僕が実際に使っているケア用品とその使い方を紹介しようと思います。

フォームローラー

まずはフォームローラーです。

使い方は気になる部位にゴロゴロするだけ。

以下の動画に詳しい使い方が紹介されています。

僕はもともと左膝の痛みに悩まされることが多かったのですが、フォームローラーで太ももの外側をゴロゴロするようになってから膝の痛みに悩まされることはなくなりました!!

また疲労感的にも、フォームローラーを使うまでは20kmや30kmを走った次の日の太ももの裏の重さがすさまじかったのですが、それも改善することができました!

僕は通常のフォームローラーを紹介しましたが、電動式のものもあります。

友人から借りたことがあるのですが、めちゃめちゃ気持ちよかったです笑

ただフォームローラーは間違った使い方をしたり、ゴリゴリしすぎてしまうと逆効果になってしまうこともあるみたいなので使い方には気を付けましょう。

マッサージボール

次はマッサージボールです。

僕は基本的に足裏で転がしています。

フォームローラーでも足裏はほぐすのですが、ボールを使った方が断然気持ちいです。

ここではマッサージボールを紹介していますが手ごろな大きさと硬さのボールであればなんでも良いと思います。

僕は足底筋膜炎になったことがあるのですが、その際にボールをで足裏をほぐしたことによって足底筋膜炎になることはなくなりました!

僕の友人は足裏をほぐすことでシンスプリントにならなくなったといっていました!

足裏のほかにも気になるところをピンポイントでほぐすこともでき、安価で購入できるのでおすすめです!

アイスまくら

最後に紹介するのはアイスまくらです。

「何に使うの?」と思った方が多いのではないでしょうか。

それはズバリ、アイシングです!

アイシングといえば氷嚢でやるイメージの方が多いのではないでしょうか。

そこであえて僕はアイスまくらをおすすめします。

まずアイスまくらは氷嚢に比べて安価です!

そして毎回氷を用意する必要もありません

さらにアイスまくらは柔らかいから部位ごとにフィットする形でアイシングできます!

近くの薬局や百均でもゲットすることができます。

僕は高校時代にアイシングをないがしろにしていましたが、現在は毎日やっています。

偏平足の関係で捻挫が多い僕ですが、アイシングを毎日することで継続して練習することができています。

まとめ

練習をたくさんしたくても、ケガが怖くてできない。もしくはケガが多くて継続して練習できない人はたくさんいらっしゃると思います。

安全にたくさん走るためにも毎日のケアは必須です。

たくさんケアしてたくさん走りましょう!!

ランナーがジョグをする目的とは?すべてのランナーの基本はジョグ

ランナー必見~故障期間中は水泳とエアロバイクで練習すれば大丈夫~

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました